ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

遠隔操作などのセキュリティでの今の様子などや、素人のインターネットでの関わりなどを書いています。

ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

遠隔操作とセキュリティ対策

遠隔操作という犯罪の利用がよく話題になっていますが、もともと遠隔操作を目的に作られているのがインターネットというシステムで、その最終地点にそれぞれのパソコンやローカルシステムやネットワークがありますから、当然それらが悪意ある第三者に狙われるということは宿命のようなもので、把握しやすいということもありますし、弱点を見つけやすいということもあります。私達がインターネットを始める時でも、昔のようにいちから全て始めて面倒な手順を踏むということもなく、素人がすぐにインターネットの世界に入ることができて、セキュリティ対策なども関心がなく、他の人達が便利に使っているから自分も使わなくては時代に乗り遅れるとか、非常に便利だから使っているとかになります。しかしセキュリティ対策のことさえよくわからない人も多いのですから、プロから見たら赤子の手をひねるようなものです。

それは警察などのいない開拓地に大金を持ってふらふら歩いているようなもので、鴨が葱を背負って来るということを地で行っているということになります。ですから今でも中小企業や個人が狙われているということですが、レベルが高い組織の攻撃では多分大企業なども相当な被害を受けているのではないかと思います。いつの間にか秘密の技術が競争相手の企業で使われているということもあります。それらの対策もどうしても必要な時代で、専門家に常にチェックしてもらうというのが安心できる対策でしょう。