ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

インターネット社会での金銭目的のサイバー攻撃のことやセキュリティ意識などのことを書いています。

ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

インターネット社会とセキュリティの進化

インターネット社会という言葉は、今では当たり前のことであり違和感もないですが、サイバー攻撃という悪意ある第三者の経済基盤になっているということで、今では明確な事実であると思います。特に日本の中小企業がターゲットにされていますが、去年からの被害の急増を見ると、未だに正しい認識をされていないということで、早めにセキュリティ対策関係の企業との連携で、対策を立てるべきではないかと、人ごとながら思います。その理由としては、インターネット自体の理解が遅れている世代の人達が、経営権を握っているということもあるのではないかと思います。もともとサイバー攻撃の歴史は2000年頃から現れていて、それが犯罪化したのが2005年頃で、一般化したのが2010年頃ですからもう数年過ぎています。

しかし日本ではこれから最盛期になっていくというトレンドを示していますので、これを何とかしないと、いつの間にか会社や個人の預金が消えているということにもなります。最近は金融機関の場合には保障をしてくれているようですが、金銭的な部分だけではなく、情報漏洩や踏み台にされて取引先が被害に遭うということも考えられますので、信用問題ということのほうが大きくなるように思います。インターネット社会でのこれからの大きな課題でもあります。

お役立ち情報