ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

インターネットでのセキュリティ対策でのフィッシングサイトと悪意ある第三者のことなどを書いています。

ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

セキュリティ対策とフィッシングサイト

インターネツトでのフィッシングサイトを使った手口は、新しいものではなく10年ぐらい前から注意はされていたということでしたが、最近になって激しくなってきたということのようです。それは悪意ある第三者が、日本の市場は儲かると確信しているからでしょう。彼らにとって極上の市場ということで、それはそのまま世界中で一番儲かる可能性があると、悪意ある第三者の集団から太鼓判を押されているということです。それはそのままセキュリティが甘い人たちだらけだと、公式に認められているようなものです。そうでなければあえてリスクを犯して成功しないような市場に、これほど活発に入ってこないでしょう。勝算があるからこそ行っているとも言えます。

そうなるとまず情報が重要で、セキュリティ対策の企業を利用することは、特に中小企業では重要になります。また意識の向上をしておかないといけないということで、セキュリティ関係のポリシーの意識面での基準を上げておくということが重要なように思います。セキュリティモラルを高めておくという教育を重点的に行うということで、例えばそれを行ってしまった場合に、その後どうなるかということも自覚させておくべきでしょう。餌を置いておかないようにするということも大切になります。