ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

ネットワークのセキュリティを守るためには、未然に攻撃を防ぐしか、方法はありません。攻撃されてからでは遅いです。

ネットの利用にはセキュリティをしっかりと。

セキュリティを守るということ。

ネットワークにおいて、セキュリティを守る上で、ありとあらゆる攻撃手段を考えつくし、攻撃された時の対策や、攻撃される前に防ぐ方法を見つける必要があります。ですが、ネットワークにおいては、攻撃されてしまった後は、もう情報が盗み出されてしまった、という事実になり、もうすでに盗まれてしまったものを取り返すことはできません。データなど、目視で確認できたりハードディスクに残るようなものは、消去したとしても復元できる可能性が高いです。なので、攻撃されないように未然に防ぐ必要があります。

攻撃の種類、攻撃の質、攻撃の角度などを調べるための情報収集が必要です。まず、最も必要だとされる情報収集の技術として、IPスキャンが挙げられますが、これは、設定により通信が許可されたIPアドレスがどういったものなのか、調べるために存在します。Pingを利用すると、簡単に調べることができます。通過させたくないIPアドレスが存在する場合は、ICMPのEchoリクエストを使用し、返ってきたEchoリプライをブロックするなどの方法があるようです。もう一つ、よく利用されるのがポートスキャンです。これは、サーバ上でどんなサービスが動作しているのか、検索する技術のことです。TCPのポート番号を使用して問い合わせを送り、応対があればそのサービスが稼働している、ということになります。